<< デブラウィンガーを探して | main | セカンドアルバム「楽衆玄達 弐」発売 >>

納品数60曲?! 畑で脳チャージ

最近のタダナオ氏、
TVコマーシャルやテーマソング、舞台音楽、WEB用音源やダンス楽曲など。
立て続けに作曲のお仕事のご依頼をたくさん頂き(ありがとうございます)、忙しそうでした。


その楽曲数、およそ40曲(効果音を含めると60曲ちかく(!))
プラス、お仕事外の作曲も20曲ほど。
というのも、お兄ちゃんの舞台(→詳しくはコチラ)用の楽曲も担当中。

で、なぜか、そのほとんどが締め切り5月末日でした。
もちろん、5月になる前から準備はしていたものの、
締め切りある仕事ってねー、やっぱりねー、ねー。

私に置き換えると、1か月で原稿60本ってこと?ありえなーいっ!
私の仕事の場合、まずは素材ありきで、それらを繋ぎ合わせて料理するという作業だから、どちらかというと職人的なものだと思っていまふ。でも、彼の場合はゼロから生み出す作業なわけで。いやー、すごいよ。頭の中、どうなってんだろうね。

ということで、4月半ばから休日なしみたいデス。もちろん春は神主業も忙しい。そんな時に限ってねー、私も忙しくてねー、全くフォローできませんでしたわ。

という怒濤の日々がようやく落ち着いてきました。まだ休みはとれないものの、ちょっとだけ時間のゆとりが。そんなわけで、時間ができるやいなや、彼は畑へと旅立っていきました。はい、ここからが今回の本題(笑)

今年から始めた畑。毎日水をあげるのが精一杯だったけど、いつの間にか、トマトがたわわに育っていました。


でも、気がつけば草ボウボウになっていたので、ミュージシャン・芹沢氏を呼びつけ草むしりに半日を費やしました。
「そこの草をむしってよ」
「マッちゃん、草が多過ぎてアスパラとの区別がつかないよ」
芹沢氏はなんと、Myカマ持参!かっこいいぜ。


音楽のインスピレーションが湧かなくなって来たら、トマトを撫でながら脳チャージしてたみたいです。子供が生まれたら、音楽よりも野良仕事を一緒にするのが楽しみなんだそうですよ。


そして待ちに待った初収穫!


見よ、この満足そうな微笑み。小松菜を摘み取り中。



何せ初めてじゃけん、収穫時期が分からず、大きく育ち過ぎてしまいました。

この後、ごま和えや味噌汁にして、無事に初物収穫物を食べました。
育ち過ぎて固くなったかと思いきや、とっても柔らかくて濃い味わい!
手前味噌ですが、かなり美味しい小松菜ができました。
なんて楽しい毎日でしょうっ!

「今度、うちの畑の収穫祭をするんで、遊びに来て下さい」
近頃、会う人会う人みんなに、こう言ってるタダナオ氏。
作物が実って嬉しい気持ちはわかる。
でも、収穫祭って、なにするのさ?!

at 23:51, kanako, M氏の野良仕事

comments(1), trackbacks(0), pookmark

comment
tadanao, 2007/06/17 11:56 PM

収穫祭はおいしく楽しく食べるだけかな。
毎日がたのしみです。










trackback
url:http://onmae.sanpo.sunnyday.jp/trackback/651706